在籍確認の内容とは

キャッシングの際、気になるのは職場への在籍確認があること、という方は多いでしょう。
今では、在籍確認がない審査方法がある会社もあるようですが、やはりほとんどの場合、在籍確認はあります。
しかし、在籍確認があるということは、そこまで審査が進んだ段階であるということであり、通常審査の最後に行われることが多いので、キャッシングが可能になる後一歩のところまで来ているということです。
そして、その内容についてですが、それほど警戒するような内容ではありませんので、いざというときにキャッシングができるように、その内容を知っておきましょう。

まず、職場への在籍確認で電話がかかってくる際、会社名を名乗ることは絶対にありません。
もし、ここで会社名など名乗ったら、キャッシングしようとしていることがすぐに分かってしまいますし、「貸金業法」には「契約者以外の第3者に契約の事実を知らせてはならない」という内容がありますので、キャッシングが周りの人に分かってしまうような行動や言動は一切とりません。
では、どんな感じで電話がかかってくるのかというと、個人名を名乗ることがほとんどです。
どういった用件か分からないと取り次いでもらえない場合などは、「個人的な知り合いなのですが」というように返します。
電話をかわった後、本当に本人か確かめるために生年月日や住所を聞かれて完了です。

そして、これはご存じない方が多いかもしれませんが、キャッシングをしようとしている本人が、必ずしも電話口に出る必要はないということです。
職場への在籍確認というのは、契約しようとしている方が、本当に申告した職場に勤めているかどうかを確かめるためのものです。
ですから、たまたまトイレに行っていたり、何かの会議で席を外したりしていて、「今、席を外しております。」という回答があれば、その職場に勤めていることの確認ができたことになりますので、目的を果たしたことになりそこで完了です。

また、最近はナンバーディスプレイでかかってきた電話番号が分かってしまうことも多く、電話番号からばれてしまうかもしれない場合には、普段使っていない携帯電話などからかけてくれる会社もあります。
在籍確認は周りにばれるような心配はありませんので、いざというときのキャッシング、ためらわずに活用しましょう。

参照元:http://www.maxuscomputer.com/
いざというときに便利なサイトです。